トップ > 開催実績

各種サービス

開催実績

「ふじさんめっせ」では、展示会、イベント、会議など、数多くのコンベンションにご利用頂いております。

「なんでも富士山2011」

開催日 2011年2月19日〜2011年2月20日
主催 富士市・ふじさんめっせ
内容 『富士山の日』記念イベント 富士山の美しさや素晴らしさを再認識する2日間
来場者 12,000人以上(2日間)

静岡県が制定した「2月23日富士山の日」を祝い、富士市では2月19日からの1週間を「富士山の日ウィーク」と題し、市内の様々な場所でイベントが繰り広げられています。

そのオープニングを飾ったのが、2月19日(土)・20日(日)にふじさんめっせで開催された『なんでも富士山2011』です。その名の通り、富士山に関する様々なものがふじさんめっせに集合しました。富士山の美しさや、自然の素晴らしさを堪能することはもちろん、富士山のふもとでつくられた優れた地場産品の展示販売や試食などが行われました。市内35団体による「富士ブランド認定品」には、地場産品である茶や紙製品をはじめ、富士の恵みを生かした豆腐や菓子など、自慢の逸品が一堂に会しました。

また、四季の富士山写真72点を集めた「富士山百景写真展」や、市内小中学生による富士山学習の作品展示など、富士山に関する理解を深める内容でした。

その他、富士の新名物である地元米粉100%の帯状のめん「富士山ひらら」の早食い大会や、野菜の美味しい食べ方を紹介するトークショーなど、地産地消を目的としたステージプログラムも展開されました。

いつでもそばにある「富士山」の恵みを再認識する2日間となりました。

ご協力いただいた出展者の皆様及びご来場いただいた皆様に、スタッフ一同、心より御礼申し上げます

「3輪車『富士山の日』グランプリ」

開催日 2011年2月20日
主催 ふじさんめっせ
内容 『なんでも富士山2011』同時開催事業 チーム対抗 3,776秒 3輪車耐久レース
参加者 20チーム 96名

≪3輪車『富士山の日』グランプリ≫

「なんでも富士山2011」の同時開催イベントとして、20日(日)に富士山の標高にちなんだ「3輪車『富士山の日』グランプリ」を初めて開催しました。こちらは、3,776秒間の走行距離を競う、チーム対抗の3輪車耐久レースです。今回は、20チーム96名の方が上位入賞を目指してひた走りました。2歳のお子様から60代の方まで、幅広い年代の方々にエントリーしていただき、世代を超えたレースになったと嬉しく思います。

子ども用3輪車に限定した今回のレースでは、大人が必ずしも有利とは限りません。小さなマシンに四苦八苦している大人ライダーを横目に、涼しい顔をした子供ライダーが追い越していく姿に、会場内は笑いに包まれました。また、激走の果てに壊れた3輪車に乗って、必死に巻き返しをはかるライダーには、場内から暖かい声援が送られました。

走行距離を競うレースではありますが、愉快なコスチュームや車輌の装飾など、ライダーによる工夫が多数見られるレースとなりました。富士市の観光大使でもある渡部陽一さんに扮したライダーや、キラキラした羽根をつけたエンジェルなどレース会場を盛り上げてくれました。

レース終了時には、疲れてはいるものの、満足げなライダーの笑顔が印象的でした。

3輪車『富士山の日』グランプリを開催するにあたり、ご協賛いただきました企業の皆様、及びレースにご参加いただきましたライダーの皆様に、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。また、当日応援して下さった多くの方々に、この場を借りて御礼申し上げます。