トップ > 情報発信リンク > 富士市の紹介

情報発信リンク

富士の紹介

[基本情報] 平成29年3月1日現在

人口 255,579人
男性 126,331人
女性 129,248人

世帯数 103,469世帯

[富士の特産品]

<<シラス>>
地元田子の浦のシラスは、3月下旬から1月中旬まで水揚げされます。
「鮮度が違う!」と大評判の味を、ぜひご賞味ください。
<<富士梨>>
明治初期に植え始められた富士梨。富士梨の最大の特徴は「甘みとシャリシャリ感」。糖度が高く、みずみずしい富士梨は 7月下旬から9月下旬まで楽しめます。
<<イチゴ>>
温暖な気候と火山灰土で水はけのよい土壌は「イチゴ」の栽培にぴったり。市内のあちらこちらに「あきひめ」を主流としたビニールハウスが広がっています。
<<富士のお茶>>
富士山のふもとに広がる茶畑。お茶の味・香りは、富士山の恵みである「富士の湧水」によって一層引き立てられます。
<<ゆで落花生>>
ほんのり塩味がきいた「ゆで落花生」は、富士から全国へ広がっていった特産品です。富士の気候や土壌は質の良い落花生の栽培に適しており、現在では農家が出荷する落花生の100%近くが「ゆで落花生」として出荷されています。

[富士の特色]

<<紙のまち>> http://www.city.fuji.shizuoka.jp/fujijikan/fujipedia/kb719c0000000nor.html
富士市といえば全国に知られた「紙のまち」。その起源は鎌倉時代と古く、豊富にわき出る水を利用して発達してきました。特にトイレットペーパーは、全国生産量の34%を占め、全国一の生産量です。
<<富士山>>
富士市の風景に溶け込む「富士山」。四季折々、さまざまな表情を見せてくれます。ここに並んだ富士山は「富士山百景写真コンテスト」入賞作品で、富士山をこよなく愛する人々によって撮影されたものです。
 第1回富士山百景写真コンテスト 人々と富士山部門グランプリ作品 第1回富士山百景写真コンテスト 富士山の風景部門グランプリ作品
第1回富士山百景写真コンテスト
人々と富士山部門グランプリ作品
第1回富士山百景写真コンテスト
富士山の風景部門グランプリ作品
第2回富士山百景写真コンテスト 人々と富士山部門グランプリ作品 第2回富士山百景写真コンテスト 富士山の風景部門グランプリ作品
第2回富士山百景写真コンテスト
人々と富士山部門グランプリ作品
第2回富士山百景写真コンテスト 
富士山の風景部門グランプリ作品
<<かぐや姫>> http://www.city.fuji.shizuoka.jp/kyouiku/c0403/fmervo0000011mgn.html
だれもが知っている、竹取物語のかぐや姫。富士市比奈の竹林に「竹採姫」と刻まれた石碑があり、かぐや姫伝説の発祥の地とされています。比奈という地名も「姫名郷(ひめなのさと)」から転じたものと言われています。富士市に伝わるかぐや姫伝説では、姫は月の世界に帰るのではなく、富士山へ登っていってしまいます。

[富士の自慢]

<<ふじマイスター 匠人(たくみびと)>>
富士市では2005年度より、全国的にも通用する技術をもった各職種の名人に「マイスター」の称号を贈る、「ふじマイスター 匠人(たくみびと)」事業を開始しました。これは、ものづくりと技術・技能職に対する社会的な認識を高め、さらには技術・技能の保存と伝承などの願いが込められています。
<<富士ブランド>> http://fujibrand.jp/
「富士山の恵み」を活かした独自性のある産品や製品、サービスなどを「富士ブランド」として位置付け、イメージアップ事業と合わせて全国に発信することで、地域振興と産業の活性化を目指しています。